プロトン-エレクトロテックスが日本の国際プロジェクトに成功裏に参加しました

6 October 2014

このプロジェクトは、ニチコン(日本最大の顧客の1つ)、大阪大学(先進高磁場科学センター)、エイチ(日本におけるプロトン-エレクトロテックス製品の正規販売代理店)、および三島電子(日本)と協力して行われました。
協力の結果、10 MJのエネルギーを蓄積したパルス磁場発生器が開発および製造されました。放電スイッチは、サイリスタТ193-2000-65と、Proton-Electrotex生産のダイオードD273-2500-50で作成されました。
サイリスタТ193-2000-65は、コンバータ装置の高電圧半導体スタックでの動作に適合し、シリアル接続での動作時の逆回復特性に対する以下の特定の要件を満たすため、プロジェクトに選択されました。

1)逆回復特性の最小値。
サイリスタТ193-2000-65の設計と機能により、類推的なサイリスタと比較して、QRRおよびUTMパラメータのより良い対応が可能になります。したがって、約2,20÷2,35 VのUTMの値がそれほど大きくない場合、サイリスタにはQRR = 6500÷7000 µCがあり、これはアナログサイリスタと比較して2倍低い(QRRは12000 µC以下、UTMは類推試験条件で2,50 V以下)。

2)逆回復特性の識別。
5個のサイリスタのシリアル接続でのts値のばらつきは1µs以下でした。プロトンエレクトロテックスは、特別な機器の使用により、このような正確な選択を行います。

3)幅広い動作温度での逆回復特性の安定性。
温度を25から125°Cに変更すると、QRRが約20〜25%増加します。動作温度が同じように変化する類推サイリスタの場合、QRRの増加は2倍です。
この機能と、シリアルスタックでのUTMの小さな分散により、実際の動作条件でのスタックの安全で安定した動作が保証されます。

Stack of Nichicon - Proton-Electrotex Nichicon - Proton-Electrotex Stack of Nichicon - Proton-Electrotex

前に戻る

Proton-Electrotex

住所: 〒302040、ロシア、オリョール州、オリョール市、Leskova str., 19, 27, 14号室

質問
問題を報告します