測定設備

インテグレートソリューション

 

当社は、測定過程のインテグレートソリューションを提供いたします。図では、マニュアル測定のポストが表示され、本設備でオペレーターが作業をします。また、図では、測定過程が完全に自動化されている自動コントロールのポストも指定されています。当社では同様のAKIMというシステムが機能しており、1日の能力は1000台に達します。また、図ではメインサーバーも表示されています。全ての装置は社内コンピューターネットワークに繋がっています。全ての収集したデータ(測定の結果)は、中央サーバーに送信され、サーバーで集約および集中保管が行われます。古くなった結果や測定モードはなくなりました。自動システムにおいては、人間要因の影響がゼロにされましたが、マニュアル測定の場合は、上記要因を最小限にするために下記のソリューションを適用しました。それぞれの装置にバーコードスキャンナーが設置され、そのおかげでシステムはそれぞれのデバイスの識別子(セリアル番号、デバイスのタイプなど)を取得します。取得した識別子を使って、システムは自動的に測定基準や測定モードおよび設備の設定をリクエストします。それによって、人間要因が最小限となり、特に最終的な品質管理用のシステムを使う場合に大事です。オペレーターが誤った測定を行う可能性はほとんどありません。また、図では、コンピューターネットワークに繋がっているいずれかのパソコンにインストールされている特殊なソフトウェアであるアナリティクスポストも表示されています。そのソフトウェアはアナリティクスレポートを作成したり、ロット、デバイスのタイプなどによって測定したパラメーターのグラフを作たりすることを可能にします。全てのデータが集中的にサーバーで保管されているので、統計的プロセス制御(SPC)も行えます。その他、中央サーバーによって、会社のウェブサイトにおいて測定結果を提供するオンラインサービスを行うこともできるようになります。上記は、パワー半導体デバイスを使った設備の開発者にとって便利なものでしょう。通常、全書類からの平均数値を使用していることに比べて、シリアル番号によって決まったデバイスの正確なデータが得られるようになります。

主な特徴:

  1. モジュールデザインは、必要なユニットを一つの測定コンプレックスにまとめながら、決まった課題に合わせて設備を構成することを可能にします。このアプローチによって、測定過程を組織する際にコストを結構減少させることができます。幅広い範囲に適用されるラボ用の測定器を購入する必要がなくなり、必要な課題のみに適している設備を使う可能性が現れます。
  2. 増設も簡単で、経済的に効率性があります。従って、出力の増長や測定範囲を拡大するために、新しいユニットの簡単な接続だけしなければなりません。つまり、測定過程を変更しなければならない場合、設備も新しいニーズに合わせて簡単に変更することができます。例えば、測定過程に新しいパラメーターを追加して、現在の測定の範囲を拡大する必要が現れました。その必要は、新型の機器や設備の導入によって発生することがあります。その課題を解決するために、現行のシステムに新しい測定ユニットを接続することだけで充分です。設備の改善コストも著しく低くなります。
  3. 3番目の重要な特徴はメンテナンスが簡単なことです。それは特に、自動モードにおけるストリーム測定を行う際に重要です。なぜなら、過程の停止は莫大な損失に伴うからです。設備のモジュール性のおかげで、修理がメンテナンスの必要なユニット全体の交換に等しくなり、停止時間も短縮します。例えば、いくつかのユニットのメンテナンス時間になりました。そのため、短時間にラインを停止させ、メンテナンスの必要なユニットを取り外して、仮のユニットを取り付けて作業を続けます。また、システムは、一部のユニットがオフにされたままで機能することができます。上記のおかげで、当社のサービス部は、故障などの対応時間を48時間までに短くすることができました。

私たちの設備は、全種類の2極パワー半導体デバイスであるダイオードとサイリスタおよび全種類のケースに入ったIGBT(ディスク型、ピン型、モジュール型)の測定に適しています。また、ケースなしの半導体素子の測定も行えます。そして、パワー装置の試験も行えます。

測定設備の適用分野:

設備の主な消費者は、パワー半導体デバイスを生産する企業です。この設備の適用によって製造過程を管理することができ、アナリティクスソフトウェアはSPCなどの統計的管理法を使うことを可能にします。設備は、必要なパラメーター(クラス又は電荷)によってデバイスを区別します。最も広い適用方法は、品質管理部が行う適合製品の出荷前の信頼性の高い近代的な品質管理です。

測定設備を使う会社の次のグループは、パワー半導体デバイスを含む多種の電気設備の修理を行うものです。測定設備のおかげで、機器などの現時点の消耗を正確に評価することができ、故障した機器などの正確な代替物を提供することができます。上記の会社の一例として、鉄道車両などの修理場や採石場機械の修理ステーションなどが挙げられます。

計測機器の消費者の最後のグループには、非常に責任ある活動を行っている会社が含まれています。入荷製品に必要な入力管理は100% 個以下です。 そのような組織は原子力発電所と水力発電所です。

Proton-Electrotex

住所: 〒302040、ロシア、オリョール州、オリョール市、Leskova str., 19, 27, 14号室

質問