誘導加熱および金属溶解ユニットの周波数変換器用の新しい高速サイリスタ

Proton-Electrotexは、直径100 mmの半導体素子を備えたサイリスタTFI393-2500-28の開発と量産を開始しました。
このサイリスタは、最も近い競合他社であるサイリスタTFI373-1600-28と比較して約50%の整流電力を増加させることにより、誘導加熱および金属溶解システムでインバータを投影しながら、新しい利点を享受できます。
サイリスタTFI393-2500-28と同時に、サイリスタTFI393Ag-2500-28が製品ラインに投入されました。直径100 mmの半導体素子を備えたこのサイリスタは、シリコンウェーハとモリブデンディスクを接続する透視技術(焼結技術)の助けを借りて製造されました。

新しい焼結技術と組み合わせたプロトン照射の技術は、動作速度(ターンオフ時間tq)と伝導状態での電力損失(電圧降下– VTM)の完全に完全な相関を提供します。
焼結技術の使用により、合金化技術に従って製造された半導体素子を備えた類似のサイリスタと比較して、電気熱サイクルに対するサイリスタの耐性を30%以上高めることができました。

同様に、サイリスタTFI393Ag-2500-28には、TFI393-2500-28と比較して次の利点があります。

-熱抵抗(Rthjc)は20%で減少

-サージ電流(ITSM)は5%増加します

サイリスタTFI393-2500-28およびTFI393Ag-2500-28の場合、逆回復電荷Qrrの弱い温度依存性が一般的です。また、QrrおよびVTMによるこれらのサイリスタの正確なグループ化が可能であるため、サイリスタはシリアルおよびパラレルアプリケーションのアプリケーションに適応できます。
発注を行う際、必要に応じて、グループ内のサイリスタの選択とグループ内のサイリスタの数量に関する追加要件を示すようお願いします。

Proton-Electrotex社について:

株式会社「Proton-Electrotex」は、ダイオード、サイリスタ、IGBTモジュールなどの電力半導体機器および冷却器、測定設備を設計、生産するロシアのリーダー企業です。本社はオリョール市にあり、パートナーおよびディストリビューターネットワークを通じて製品を世界中に供給しています。当社又はその製品やサービスの詳細についてはホームページをご覧ください。

追加情報について:

Ilya Ashikhmin
インターネット - マーケティング担当者
Proton-Electrotex
ロシア、302040、
レスコバ19
電話:+7(4862)44-04-56
電子メール:marketing@proton-electrotex.com

前に戻る

Proton-Electrotex

住所: 〒302040、ロシア、オリョール州、オリョール市、Leskova str., 19, 27, 14号室

質問
問題を報告します